ジェットスターで福岡へ!搭乗前に知っておきたい注意点とは

ジェットスターを乗る際の注意点を押さえて福岡旅行に行こう!

福岡は美味しいグルメが豊富なので、名古屋民からも大人気の観光地です。
移動手段は車や新幹線、バスがありますが、飛行機を使えば2時間以内に到着できます。
しかし、飛行機は少し高いと思いますよね。

それなら格安航空券のジェットスターを使えば、お得な価格で福岡まで行けますよ。
初めてジェットスターに乗る方に向けて、搭乗時の注意点をご紹介していきます。

カウンターや自動チェックイン機に列が・・・

飛行機に乗る際は航空券を発券しないとなりません。
初めての人はカウンターチェックが安心ですし、機械に慣れている人なら自動チェックイン機を使ってラクラク発券したいところでしょう。

ただ、カウンターや機械は時間帯によって列ができてしまいます。
そこでオススメなのがWEBチェックインです。
WEBチェックインは出発から48時間前に可能で、スタージェットの公式サイトからチェックインを押し、予約確認をした上でチェックインすることができます。

パソコンならWEB搭乗券をプリントアウトし、スマホならEメールを設定することで送られてきたWEB搭乗券をゲートで提示すれば搭乗可能です。

スマホならアプリもあるので、ぜひ活用してみましょう。
WEBチェックインでの発券は1時間前までなので、時間やスマホの電源切れにも注意してくださいね。

機内で持ち込みのアルコールが飲めない

 

ジェットスターは有料でドリンクサービスを行っています。
割高になってしまうので、コンビニなどで持参しておくと良いでしょう。
お酒を飲みたい方もいますが、持ち込んだアルコールの機内飲酒は禁止です。

気圧の影響で酔いやすい環境となっており、有料アルコールは体調や飲酒量に合わせて提供されるのです。
市販のアルコールは度数も高いことから、体調に配慮して持ち込みアルコールの飲酒を禁止しています。
アルコールはさらに高いので、2時間のフライトなら我慢した方が良いかもしれませんよ。

手荷物規定が厳しい

ジェットスターはLCCの中でも手荷物規定が厳しいです。
機内に持ち込める機内持込手荷物はクラスによって重量が決められています。
エコノミーなら手荷物1個と手回り品が1個で合計2個、ビジネスクラスなら手荷物2個、手回り品1個の合計3個です。
重量はエコノミーで7kg、ビジネスで14kgと規定されており、重量やサイズがわずかに超えるだけでも超過料金がとられるので注意しましょう。

受託手荷物はエコノミーが15kgで、5kgごとに追加料金が発生し、最大40kg預けることが可能です。
ビジネスクラスは料金に30kg分が含まれているため、30kgまでは無料となっています。
こちらも40kgまで預けられますが、有料となるので注意してください。