福岡に格安航空券ジェットスターでの持ち込みや受託手荷物はどうする?

福岡空港の手荷物ルールを把握してスムーズに搭乗する方法を紹介

ジェットスターの格安航空券で福岡に行くなら、持ち込みや手荷物はどうすると良いのでしょうか?
ジェットスターは手荷物に関して細かいルールを設けていますが、どのようなルールがあるのでしょうか?

手荷物のルールとは?

福岡にジェットスターの格安航空券で行く場合、細かい手荷物のルールに沿ったものだけを機内に持ち込むことができます。

・エコノミー
高さが56cm、横36cm、幅が23cm以内のかばん、また高さ114cm、横60cm、幅11cmまでのキャリー1個、合計7㎏まで。

・ビジネス
高さが56cm、横36cm、幅が23cm以内のかばん、また高さ114cm、横60cm、幅11cmまでのキャリー2個、合計14㎏まで。
※1個当たりの重量が7kg以上にならないこと

スーツなどを持ち込むこともできますが、これもキャリーの大きさを超えない程度であれば可能です。
また手荷物のサイズや重量が超えてしまった場合は、受託手荷物扱いとなるので、注意しましょう。

受託手荷物の申し込み方法とは?

事前に荷物の重さが分かっていれば、受託手荷物の申し込みを行うことができますが、空港で受託手荷物として預ける場合には、預け入れをする搭乗者1人につき、料金が適用されることになります。
受託手荷物は荷物の重量が15㎏で、それを超えた場合は1㎏毎に料金が加算されていきます。
また搭乗した便によっては、十分なスペースが確保できないことが理由となり預けられない場合もあるので、事前にサイズを測っておきましょう。
国内から福岡までの移動であれば、2600円程度の料金がかかってきます。

また国内線受託手荷物超過料金は、1㎏あたり800円の加算となるので、少しでも荷物を少なくして、きちんとサイズが大きさを計っておくとスムーズに機内への持ち込みや受託手荷物を預けることができます。
旅行ともなると、どうしても荷物が多くなりがちですが、事前に荷物を減らしていき、お土産を入れるスペースや量を考えておくと良いでしょう。
せっかく福岡に格安航空券で行くことができても、追加料金を取られてしまうと料金がかかってしまうので気をつけましょう。

格安のままで空の旅を楽しむなら、事前に手荷物のことを考えておくと良いでしょう
ぜひ福岡旅行に行く前にチェックしてみてください。